June 19, 2010

[WC2010] 日本、次につながる敗戦。

試合前、TV中継から先発メンバーが初戦のカメルーン戦と同じと聞いて、岡田監督にはガッカリした。

その理由は、目標はグループリーグ突破(ベスト4)だから。
グループリーグを突破することを目標にするならば、この試合を全力で戦う必要はない。勝ち点を加えることが求められる。また、デンマーク戦にフレッシュなメンバーを使えるようにすることも必要。

オランダの弱点はセンターバックのスピード不足。これは日本も同じだ(笑)
そのスピード不足を突きたいから、最低でも1トップ。岡崎を使いたい。バテたら途中から森本に交代。常に、センターバックの裏を抜けるような動きができる選手を置く。これはオランダにとっては嫌だろう。

本田はトップ下にポジションを下げる。
岡崎を生かすにはパサーも必要で、中村俊輔をセントラルMFに置く。
そして奇策はトリプルボランチ。遠藤、長谷部、稲本を使う。阿部はイエローカードをカメルーン戦でもらっていることもあるから休ませます。

4バックはカメルーン戦と同じ。駒野、闘莉王、中澤、長友。
GKは楢崎。川島はカメルーン戦で失点にはつながらなかったが、目測を誤ったシーンが何度かあった。いい反応もあるが、ミスのリスクの少ない選手がいい。安定感から楢崎のほうがいいと思う。

前半はオランダがボールポゼッションが70%以上で、日本は守備にかかる時間が多い。
でもオランダも攻めあぐねていて、何度もGKまで戻すシーンがあった。主審が厳しくファウルを取らないこともあって、危ない場所でのFKも少なかった。

攻撃においては、松井がアクセントをつけていた。俊輔と松井の二人がいれば、もっと攻撃の溜めができるのだが。。。

日本のボールになったときに押し上げ、フォローが遅く、ボールを持つ選手が前線で孤立してしまっていた。これは本田1トップだから、追い越す選手がいないからどうしようもない。本田を生かすには前にFWがいたほうがいい。岡田さんはいつ気づくのだろうか。

それでも日本は何度かシュートで終わるシーンがあった。前半は0−0で終了。
ここまでは昨年の親善試合と同じ。前半までなら耐えられる。問題は後半だ。

後半に入って、オランダが攻勢に入る。
後半8分にSNEIJDER(スナイデル)がゴール。シュートは無回転の弾丸シュート。川島の手を弾いて、日本のゴールへ。このシーンは川島が飛び過ぎていて、厳しく言うと、目測を誤ったミスだ。腕と身体ga一直線にならないと、強烈なシュートは弾ききれない。

その後は、日本は攻撃的な選手交代を行った。
後半19分に中村俊輔IN、松井OUT。
後半32分に岡崎と玉田がIN、長谷部と大久保がOUT。
交代だが、俊輔を入れる時に、FWも入れるべきだと思う。パサーがいても、抜け出す動きのできる選手がいなければ、意味がない。だから交代の順番は解せない。

ロスタイムに岡崎が抜け出して惜しいシュートを放った。もっと早い時間帯から彼がいれば、チャンレジする回数も増えたと思うだけに残念としか言いようが無い。

結局0-1で敗戦。
Man of the matchは得点を入れたスナイデル。
Netherlands - Japan (FIFA.com)

惜しいという言い方もあると思うが、オランダは調子が良くなった、キレがなかったと感じた。ROBBEN(ロッペン)も出ていない。それだけに勝ち点を取れるチャンスがあったと思う。

日本の良さを出そうという岡田監督の考えは理解できる。だが、サッカーは相手あってのもの。
オランダの選手からヒヤっとするシーンはロスタイムの岡崎のシュートだけだったと思う。オランダに脅威を与えるプレーは出来なかった。

良さを出すことも必要だが、相手の得意なプレーを消したり、弱点をつければ、同じぐらいに勝つチャンスが増える。

でも今夜の敗戦は、悲観することはない。
第3戦のデンマーク戦で勝てば、勝ち抜けるチャンスは残っている。

この日の敗戦は選手、スタッフには残らないと思うが、次の試合に向けて、リフレッシュしてもらいたい。

| | Comments (0)

May 05, 2010

2010年・相模の大凧まつり

2010年5月5日(水)、ゴールデンウィークの最終日。
相模川で開催された「相模の大凧まつり」に行ってきました。

大凧まつりは、数年前の20数分の最高記録?を見て以来で、今までも5〜6回来ています。
でも1分以上のフライト?は、その時だけで、あとは数十秒で落ちるのばかり。

今年はどうなのか?と思いつつ、会場に向かいました。
会場は相模川の新戸スポーツ広場。車では駐車場の出入りで時間がかるので、マウンテンバイク(MTB)で行きました。片道約10km(約40分)。

会場には午後1:30ぐらい。会場前の道路では駐車場待ちの車が渋滞。駐車場は予想通り満車。
午前中に着かないと入れないのは経験したものにしかわかりません。駐車場では、出る車を優先して出しているところでした。こういう時こそ自転車の威力。いくらポルシェだろうがBWMだろうが、渋滞では身動きが取れません。渋滞の車列の横を颯爽とMTBで通り抜けて行きました。

大凧・補修中

会場に着くと、大凧が修理中。畳128帖(8間四方)というサイズは近くに行くと大きさに圧倒されます。6帖部屋だと21、8帖部屋だと16と家にすると想像できない大きさです。とにかく人が小さく見えます。

政令指定都市記念の大凧は上がっていました

修理を待っている間に別の会場では、相模原市の政令指定都市記念の大凧が上がっていました。この凧は四間四方の畳32帖分の二回りぐらい小さいサイズ。それでも大きい。この凧は4月25日に上げられた時は20数秒。それが、この日は3分以上の記録でした。

ということは、大凧にも期待がと思って待機。
修理が終わって、この日3回目の挑戦。が期待外れで10秒ぐらいで墜落。4回目、5回目も10〜20
秒ぐらいで墜落。6回目のチャレンジ。

6回目のチャレンジ
おっ、上がるか?
上がった!
もっと上がれ〜!
落下、大凧真っ二つに
折れた凧を戻しています

あと少し上に上がれば、風に乗れそうというところで、失速して落下。
真っ二つに折れてしまって、今年のチャレンジは終了。最後がベスト記録の52秒とのことでした。

来年は大きく上がるのを見たいです。

関連リンク
相模の大凧まつり(相模原市観光協会公式ホームページ)
http://www.e-sagamihara.com/event/may/0237/

| | Comments (0)

May 04, 2010

西国三十三所巡礼:第十五番札所 新那智山今熊野観音寺

2010年5月4日(火)。総持寺に続いて行ったのが、京都市の今熊野観音寺。

この今熊野観音寺も5月一杯がご開帳期間で、この日一日で3つのお寺のご開帳を巡ることが出来ました。
何十年に一度の御開帳に当たるだけでも珍しいのに、一日で3つ、前日の中山寺を併せると2日で4つのお寺の御開帳を巡ることが出来ました。

今熊野観音寺は泉涌寺(せんにゅうじ)の中にあるお寺。京都駅から市バス208系統に乗って、泉涌寺道で下車。バス停から約10分です。
泉涌寺総門

泉涌寺総門の参道が舗装されています。
今熊野観音寺へ
参道(泉涌寺道)はゆるやかな登りになっていて、しばらく歩くと左に今熊野観音寺の看板が表れます。
今熊野観音寺の入口、鳥居橋
道なりに歩くと、赤い橋(鳥居橋)が出てきます。

参道はアスファルトで舗装されていますが、お寺はビルではありません。
本堂の手前に開祖・弘法大師の像があり、お経を唱えながら一周すると四国八十八所を回ったのと同じことになるとのことで、一周しました。
今熊野観音寺の本堂

本堂を前にして、お手水、本堂での礼拝をして、ご朱印をいただきました。続けて、御開帳でご本尊を近くで拝みました。参拝されている何人かの方と一緒にご住職さんの説明を受けていると、本堂の欄間(?)の麒麟の彫り物は見た人にいいことがあるということでした。毎年秋の彼岸の3日間は開帳されますが、そのときはご本尊から3メートルぐらい離れたところしか見れないので、こんなに近くで見れるのは今後も無いとのことでした。しかもゴールデンウィークはツアーがいないので、ご住職さんの予想の10分の1ぐらいの人手で、こんなにゆっくり見れるのも珍しいと言われていました。

この日は今熊野観音寺しか拝礼できませんでしたので、次回は泉涌寺をまわってみたいです。

第十五番札所 新那智山今熊野観音寺
  • 宗派:真言宗
  • 開基:弘法大使
  • 本尊:十一面観世音菩薩
  • 所在地:京都市東山区泉涌寺山内町32
  • ホームページ:http://www.kannon.jp/
  • ※泉涌寺ホームページ:http://www.mitera.org/

| | Comments (0)

西国三十三所巡礼:第二十二番札所 補陀洛山総持寺

2010年5月4日(火)。竹生島から続いて行ったのが、大阪府茨木市の総持寺。

JR琵琶湖線・彦根駅から、JR摂津富田駅に行き、阪急に乗り換え、富田駅から一駅、総持寺駅で下車。
駅から近いのですが、案内が乏しく、狭い路地を行くので分かり難かったです。
総持寺の山門前の石碑
総持寺の山門

霊場の中では比較的小さいお寺だと思います。歴史がある割には都会的なお寺です。
5月1日から31日までご開帳期間で、ご本尊の近くで拝めます。ご本尊の千手千眼観世音菩薩は亀の背中に立つお姿で、珍しいです。子育て観音として有名なほかに、信長の茨木合戦で焼け残ったことから火除け観音としても信仰されています。
総持寺の本堂

西国第二十二番札所・補陀洛山総持寺
  • 宗派:真言宗
  • 開基:藤原中納言山陰
  • 本尊:千手千眼観世音菩薩
  • 所在地:大阪府茨木市総持寺1-6-1
  • ホームページ:http://www.sojiji.or.jp/

| | Comments (0)

西国三十三所巡礼:第三十番札所 竹生島宝厳寺

2010年5月4日(火)、天気は快晴。前日に続いて、この日も3つのお寺を巡りました。

最初に行ったのが竹生島(ちくぶしま)。
日本のお寺は、○○山△△寺というように、山がつきますが、この宝厳寺(ほうごんじ)は山ではなく、島。西国三十三番札所の中では唯一船で巡礼しなければいけない珍しいお寺です。

竹生島へは、長浜港か彦根港からの定期船で行けます。私は実家から近い彦根港から行きました。
JR彦根駅からは無料のシャトルバス(近江バス)が出ています。駅からは3km弱。竹生島と彦根城を1日で見るのが観光コースになりますね。
彦根港・琵琶湖遊覧船のりば

竹生島行きの船は9:30に出港。10:10に到着。
帰りの便は70分後の11:20に出発して、12:00に彦根港に戻ってきます。
料金は往復で大人3,300円。詳しくはオーミマリンのHPを参照ください。
彦根港を出港

船はゴールデンウィークということもあって、席は一杯、座席が足りないぐらいでした。
私はデッキから琵琶湖を眺めていました。滋賀県民でも、琵琶湖から陸を見るのは少ないと思います。滋賀県に来られるときは、ぜひ観光船で琵琶湖の中からの景色を楽しんでほしいです。
琵琶湖遊覧船、竹生島へ

途中、ジェットスキーやヨットで楽しんでいる人たちが大勢いました。気持ちよさそうでした。ジェットスキーは一度やってみたいです。海と違って、琵琶湖は波が無いので、乗り心地はいい方だと思います。それでも船酔いしている人はいました。エンジンの振動で気分が悪くなるのかな?私は船の揺れは気持ちいいと思うぐらいなので、問題無く竹生島に到着しました。
竹生島に上陸

竹生島に行くのは、小学生以来で約30年振り2回目。(甲子園に出場する高校みたい?)
琵琶湖遊覧船わかあゆ号

桟橋に到着すると、入島券(拝観料)を購入して、宝厳寺へ。
165段の急な石段を上がって、本殿へ。
宝厳寺の本殿(弁才天堂)
本殿は日本三大弁才天の一つの弁才天堂。
この日はすごい人手だったので、先にご朱印をいただいてから、お手水、本殿の参拝という順序にしました。
宝厳寺の三重塔

本殿から下ると、朱塗りの三重塔。
宝厳寺の観音堂

さらに下がると、観音堂。ここが西国三十番札所。5月30日までご開帳されています。ご開帳は60年に一度。次は100歳を過ぎているので、石段を登るのは多分無理。最初で最後のご開帳に行けました。
観音堂では五鈷杵が五色の紐でご本尊の千手観音と結ばれていて、五鈷杵をなでると結縁することができると言われています。順番待ちで五鈷杵を撫でることばかり考えていたので、肝心のご本尊をしっかり見ることができませんでした。いいご縁があればと思います。
右の鳥居が都久夫須麻神社です

観音堂から奥には船廊下が延びていて、先には都久夫須麻神社があります。
そこでは竜神拝所で「かわらけ投げ」という願いごとを書いた小皿を鳥居に向かって投げて、鳥居をくぐると願いごとが叶うと言われています。

ざっと一回りしたら、50分ぐらいでした。御開帳の順番待ちで時間がかかったので、普通に回ったら30〜40分ぐらいだと思いますので、もう少しのんびり見てもよかったと思いました。
琵琶湖から彦根城を見る

彦根港を出てから、戻ってくるまで約2時間30分。天気のいいときは気持ちいい小旅行です。

西国第三十番札所・竹生島宝厳寺
  • 宗派:真言宗豊山派
  • 開基:行基
  • 本尊:千手千眼観世音菩薩
  • 所在地:滋賀県長浜市早崎町竹生島1664
  • ホームページ:http://www.chikubushima.jp/

| | Comments (0)

«西国三十三所巡礼:第二十四番札所 紫雲山中山寺