« [football] 城彰二、引退の花道 | Main | Winny開発者が有罪とは・・・ »

December 12, 2006

[football] 2006クラブワールドカップ始まる

FIFA Club World Cupが始まった。さすがに決勝戦のチケットは完売したようだが、準決勝のチケットは残っているようで当日券の販売もあるようだ。

1回戦の2試合をTVで見たが、FIFAが主催する大会というには疑問が残る。以前のようにヨーロッパと南米のチャンピオン同士のトヨタカップのままでいいのではないかと思った。同じ感想を持つ人は多いと思う。トヨタが冠を外されたことで、来年以降のスポンサーを続けるかは疑問。金額に見合うだけのものが無ければ、お金を出さなくなるのは仕方がない。かといって、チケットの金額を上げると更に観客が入らなくなるという悪循環に陥る。もっとビジネスプランをしっかり立てないと大会自体が尻すぼみになりかねない。日本で継続して大会を続けてほしいが、UEFAチャンピオンズリーグのほうが興行的にも世界一なので、トヨタカップ(クラブワールドカップ)を世界一の大会にするには真面目に考えないといけないと思う。

Auckland City FC (NZL) - Al Ahly (EGY)

オセアニア代表はアマチュアということもありこのような舞台に立つこと自体可哀想だった。前半は頑張っていたが、後半失点して岩本の投入むなしく敗退してしまった。アルアハリはインテルナシオナルとの対戦になるが、日本に来て1戦したことで時差ボケも少なく、もしかしたら番狂わせ(Giant killing)を起こしてくれそうな気配がある。

Jeonbuk Motors (KOR) - Club America (MEX)


韓国の全北には期待していたが、解説の岡田さんと同じ感想で、パスの精度が低かった。これはアジア全般に言えることで、パススピードと正確さは欧州・南米の選手と比べるとかなり劣っている。格が違うという感じだ。「後は任せた!」というようなパスでは、勝負にならない。ドリブル突破してシュートまで行くか、ドリブルをフォローする少ない人数でチャンスを作るしか得点の匂いがしない。

噂によると8チームに増やそうとしているようだが、逆効果で、4チームにすべきだろう。前年の3位までの地域はそのままで、4位の地域がプレーオフを戦って出場することが望ましいと思う。今年の場合だと、アジアとオセアニアと4位の地域だ。もともとパワーバランスが悪いのだから致し方ないだろう。

公式サイト(FIFA Club World Cup 2006)には1回戦のマッチレポートが出ていて観客数も掲載されている。
10日の試合:29912人
11日の試合:34197人
これが本当の数字だと信じている人は少ないはずだ。国立で3万人を越えるというのは半分以上埋まらないといけない。画面で見る限りどう見ても4割入っていれば、という感じだった。ボランティア、アルバイト、カメラマンなどを合わせた数字なのかもしれないし、日本サッカー協会が買った分を合計しているのかもしれない(笑)。

いずれにしてもSemifinalは面白い試合になりそうだ。バルサは一番見たかったメッシが不在なので、チケットを買わなかったが、最近ロナウジーニョの調子がいいようなので、期待したい。

|

« [football] 城彰二、引退の花道 | Main | Winny開発者が有罪とは・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference [football] 2006クラブワールドカップ始まる:

« [football] 城彰二、引退の花道 | Main | Winny開発者が有罪とは・・・ »