« 中沼薬師堂の薬師如来坐像開帳へ | Main | 西国三十三所巡礼:第二十七番札所 書写山圓教寺 »

April 25, 2010

5会場同時開催Twitterオフ会(ついせん)に参加

2010年4月24日(土)にツイッターのオフ会に参加しました。

このオフ会はTwitter活用事例を1000を集めて紹介しましょうという@YHiraharaさんの呼びかけでスタートしたのがきっかけ。twitter上で拡がっていって、オフ会を5都市(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)で同じ日に開催することになりました。

Twitter活用事例1000 (通称:ついせん)への思い
http://ameblo.jp/everything-nice/entry-10457074205.html

この「ついせん」というのは毎週水・土曜の22:00〜23:00にtwitter上で#twicase1000というハッシュタグでつぶやいていました。(オフ会後は毎週土曜日のみになりました。曜日は変更される可能性あり。)

私(@liverty86)は東京会場のスタッフとして、参加。当日はカメラマンとして写真撮影をしました。

オフ会当日までのスタッフ間のやりとりは大変でした。メーリングリストを作ったら、twitterのタイムライン(TL)以上にメールが流れてきた日もあって、朝晩2回チェックをしないと、大変なことになりました。

それもそうです。twitter上で知り合った人はさまざまなキャリアの人の集まりです。年齢も違えば、仕事も違う。バックグランドの違う人達が集まって、一つのイベントを行う。会社とは違って、個人個人の目的も少しずつ異なりますので、様々な意見が出るのも当然です。

ですのでメールやtwitterだけでは収集がつかないので、東京会場スタッフは週1回のオフ会(飲み会)を開いて、スタッフ同士で親睦を深めながら、準備を進めていました。

準備はバタバタしましたが、なんとかオフ会当日を迎えました。
東京会場では「アイコン撮影会」と銘打って、アイコン用の写真を撮影する企画があって、そのアシスタントで動いていました。
18時になって、イベントがスタート。
オフ会スタート
オープニングはUstreamでも他の会場でも見れるようにして、同時にスタート。
同時進行のイベントはあったとしても5会場で同時というのは無いんじゃないでしょうか。
ついせん東京会場
イベントが始まったら、私はカメラマンとして、会場の中を動いて、スピーカーの方や、スタッフ、会場の雰囲気を撮影しました。

東京会場では8人のスピーカーが体験談を話されて、質疑応答がありました。
twitterからの質問を紹介
twitterからの質問に対して答えたりして、ネット上からも参加してもらったのは面白かったと思います。
ビデオカメラでUstream中継
会場からはビデオカメラでUstreamでリアルタイムで中継を行ったり、twitterではスタッフがつぶやいたりしていました。

時間の割にスピーカーが多かったので一人当たりの持ち時間が少なかったのは残念だったかもしれません。でも一人でも多くの方の体験談が聞けたのは良かったと思います。

オフ会に参加したことも良かったですが、準備に携われたことが貴重な経験となりました。
twitterに限らず、これからはいろんな集いには参加していきたいと思いました。

最後に東京会場のデータは以下です。

【日時】2010年4月24日(土) 18:00〜20:00
【会場】IDCフロンティア・セミナールーム(10F) http://www.idcf.jp/
【プログラム】
  18:00〜:開会式
  18:15〜:「教えて!みんなのTwitter活用事例1000」Part1
   http://www.ustream.tv/recorded/6402418
  19:10〜:「教えて!みんなのTwitter活用事例1000」Part2
   http://www.ustream.tv/recorded/6403291
  19:50〜:まとめ、閉会の挨拶
  20:00:閉会

最後にまとめサイトは以下です。
【Twitter活用事例1000】まとめWiki
http://www21.atwiki.jp/open-skill/

秋にもオフ会が開催されるという噂があります。その時はまた参加したいです。
最後になりましたが、参加された方、スタッフのみなさま、お疲れさまでした。

|

« 中沼薬師堂の薬師如来坐像開帳へ | Main | 西国三十三所巡礼:第二十七番札所 書写山圓教寺 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 中沼薬師堂の薬師如来坐像開帳へ | Main | 西国三十三所巡礼:第二十七番札所 書写山圓教寺 »