« 西国三十三所巡礼:第二十二番札所 補陀洛山総持寺 | Main | 2010年・相模の大凧まつり »

May 04, 2010

西国三十三所巡礼:第十五番札所 新那智山今熊野観音寺

2010年5月4日(火)。総持寺に続いて行ったのが、京都市の今熊野観音寺。

この今熊野観音寺も5月一杯がご開帳期間で、この日一日で3つのお寺のご開帳を巡ることが出来ました。
何十年に一度の御開帳に当たるだけでも珍しいのに、一日で3つ、前日の中山寺を併せると2日で4つのお寺の御開帳を巡ることが出来ました。

今熊野観音寺は泉涌寺(せんにゅうじ)の中にあるお寺。京都駅から市バス208系統に乗って、泉涌寺道で下車。バス停から約10分です。
泉涌寺総門

泉涌寺総門の参道が舗装されています。
今熊野観音寺へ
参道(泉涌寺道)はゆるやかな登りになっていて、しばらく歩くと左に今熊野観音寺の看板が表れます。
今熊野観音寺の入口、鳥居橋
道なりに歩くと、赤い橋(鳥居橋)が出てきます。

参道はアスファルトで舗装されていますが、お寺はビルではありません。
本堂の手前に開祖・弘法大師の像があり、お経を唱えながら一周すると四国八十八所を回ったのと同じことになるとのことで、一周しました。
今熊野観音寺の本堂

本堂を前にして、お手水、本堂での礼拝をして、ご朱印をいただきました。続けて、御開帳でご本尊を近くで拝みました。参拝されている何人かの方と一緒にご住職さんの説明を受けていると、本堂の欄間(?)の麒麟の彫り物は見た人にいいことがあるということでした。毎年秋の彼岸の3日間は開帳されますが、そのときはご本尊から3メートルぐらい離れたところしか見れないので、こんなに近くで見れるのは今後も無いとのことでした。しかもゴールデンウィークはツアーがいないので、ご住職さんの予想の10分の1ぐらいの人手で、こんなにゆっくり見れるのも珍しいと言われていました。

この日は今熊野観音寺しか拝礼できませんでしたので、次回は泉涌寺をまわってみたいです。

第十五番札所 新那智山今熊野観音寺
  • 宗派:真言宗
  • 開基:弘法大使
  • 本尊:十一面観世音菩薩
  • 所在地:京都市東山区泉涌寺山内町32
  • ホームページ:http://www.kannon.jp/
  • ※泉涌寺ホームページ:http://www.mitera.org/

|

« 西国三十三所巡礼:第二十二番札所 補陀洛山総持寺 | Main | 2010年・相模の大凧まつり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 西国三十三所巡礼:第二十二番札所 補陀洛山総持寺 | Main | 2010年・相模の大凧まつり »