« May 2010 | Main

June 19, 2010

[WC2010] 日本、次につながる敗戦。

試合前、TV中継から先発メンバーが初戦のカメルーン戦と同じと聞いて、岡田監督にはガッカリした。

その理由は、目標はグループリーグ突破(ベスト4)だから。
グループリーグを突破することを目標にするならば、この試合を全力で戦う必要はない。勝ち点を加えることが求められる。また、デンマーク戦にフレッシュなメンバーを使えるようにすることも必要。

オランダの弱点はセンターバックのスピード不足。これは日本も同じだ(笑)
そのスピード不足を突きたいから、最低でも1トップ。岡崎を使いたい。バテたら途中から森本に交代。常に、センターバックの裏を抜けるような動きができる選手を置く。これはオランダにとっては嫌だろう。

本田はトップ下にポジションを下げる。
岡崎を生かすにはパサーも必要で、中村俊輔をセントラルMFに置く。
そして奇策はトリプルボランチ。遠藤、長谷部、稲本を使う。阿部はイエローカードをカメルーン戦でもらっていることもあるから休ませます。

4バックはカメルーン戦と同じ。駒野、闘莉王、中澤、長友。
GKは楢崎。川島はカメルーン戦で失点にはつながらなかったが、目測を誤ったシーンが何度かあった。いい反応もあるが、ミスのリスクの少ない選手がいい。安定感から楢崎のほうがいいと思う。

前半はオランダがボールポゼッションが70%以上で、日本は守備にかかる時間が多い。
でもオランダも攻めあぐねていて、何度もGKまで戻すシーンがあった。主審が厳しくファウルを取らないこともあって、危ない場所でのFKも少なかった。

攻撃においては、松井がアクセントをつけていた。俊輔と松井の二人がいれば、もっと攻撃の溜めができるのだが。。。

日本のボールになったときに押し上げ、フォローが遅く、ボールを持つ選手が前線で孤立してしまっていた。これは本田1トップだから、追い越す選手がいないからどうしようもない。本田を生かすには前にFWがいたほうがいい。岡田さんはいつ気づくのだろうか。

それでも日本は何度かシュートで終わるシーンがあった。前半は0−0で終了。
ここまでは昨年の親善試合と同じ。前半までなら耐えられる。問題は後半だ。

後半に入って、オランダが攻勢に入る。
後半8分にSNEIJDER(スナイデル)がゴール。シュートは無回転の弾丸シュート。川島の手を弾いて、日本のゴールへ。このシーンは川島が飛び過ぎていて、厳しく言うと、目測を誤ったミスだ。腕と身体ga一直線にならないと、強烈なシュートは弾ききれない。

その後は、日本は攻撃的な選手交代を行った。
後半19分に中村俊輔IN、松井OUT。
後半32分に岡崎と玉田がIN、長谷部と大久保がOUT。
交代だが、俊輔を入れる時に、FWも入れるべきだと思う。パサーがいても、抜け出す動きのできる選手がいなければ、意味がない。だから交代の順番は解せない。

ロスタイムに岡崎が抜け出して惜しいシュートを放った。もっと早い時間帯から彼がいれば、チャンレジする回数も増えたと思うだけに残念としか言いようが無い。

結局0-1で敗戦。
Man of the matchは得点を入れたスナイデル。
Netherlands - Japan (FIFA.com)

惜しいという言い方もあると思うが、オランダは調子が良くなった、キレがなかったと感じた。ROBBEN(ロッペン)も出ていない。それだけに勝ち点を取れるチャンスがあったと思う。

日本の良さを出そうという岡田監督の考えは理解できる。だが、サッカーは相手あってのもの。
オランダの選手からヒヤっとするシーンはロスタイムの岡崎のシュートだけだったと思う。オランダに脅威を与えるプレーは出来なかった。

良さを出すことも必要だが、相手の得意なプレーを消したり、弱点をつければ、同じぐらいに勝つチャンスが増える。

でも今夜の敗戦は、悲観することはない。
第3戦のデンマーク戦で勝てば、勝ち抜けるチャンスは残っている。

この日の敗戦は選手、スタッフには残らないと思うが、次の試合に向けて、リフレッシュしてもらいたい。

| | Comments (0)

« May 2010 | Main